M&Aでのデータのやり取り M&Aでは機密文書のやり取りが多くなるため、紙やDVDなどでのデータのやりとりは現実的ではありません。インターネットでセキュアな環境での文書管理が必須です。 M&Aでは複数の買い手候補が存在する場合もあり、A社には閲覧可能な文章でもB社には閲覧不可能にしたいというケースがあります。また、部署が異なった場合でも閲覧可能な文書が異なることもあり・・・