低コストで簡単!漏えい対策
「AOSマイナンバー ソリューション」

マイナンバーの収集・保管・利用・廃棄の各サイクルに合わせて、マイナンバーの収集時に安全にマイナンバーをやり取りできる法人向けチャットアプリ「InCircle」、マイナンバーのメール送信を証明する「i証明サービス」、マイナンバーを安全に保管する「AOSBOX」やマイナンバーを検出し、安全に管理する「マイナンバーファインダー」、そして、ごみ箱を空にしても消えないマイナンバーファイルを完全に消去す「電子データシュレッダー」などを通じて、お客様のマイナンバーを”安全””安心”に取り扱えるマイナンバーソリューションを提供し、マイナンバーの漏えい防止をご支援いたします。

solution01

MyNumberFinderHead

マイナンバーファインダー」は、フォレンジック調査の技術を使って開発された、パソコンの中に保存されているマイナンバーなどの個人情報を検出し、暗号化したり、不要なデータを消去するツールです。

MyNumberFinderImage

ShredderHead

ごみ箱を削除しただけではデータは消えません。「電子データシュレッダー」は、紙をシュレッダーにかけるように、完全に消したいマイナンバーデータを復元不可能なレベルで消去します。

ShredderImage

InCircleHead

業務用メッセンジャー「InCircleマイナンバー」を利用して、マイナンバーの収集を行う担当者と従業員が個別にトークルームを開設して、マイナンバーデータや、本人確認のための写真を従業員が直接送信すると端末上にはデータを残すことなくマイナンバーを安全に送信することができます。マイナンバーの受領が確認後、専用ルームをクローズすることで、セキュアにマイナンバーの取得が実現できます。

InCircleImage

iShomeiHead

i証明メール」は、マイナンバーをメールで送信する際にCCでインターネット送信証明センターにメールを送ることで、メールの送信、送信アドレス、送信日時を証明書付きで送信します。例えば、社員のマイナンバーを委託業者に送信する場合にも「i証明サービス」を使えば、法的に証拠として効力のある証明書が発行されますので、万が一の時に責任の所在をあきらかにすることが可能です。(※i証明でマイナンバーデータを送信するときは、必ず、暗号化を行ってから送信してください)

iShomeiImage

AOSBOXHead

法人向けクラウドバックアップ5年連続全米NO.1 *1  の「AOSBOX」を国内クラウドシェアNO.1*2   のAWSで国内データセンターで保管、社員のマイナンバーを安全に保管できます。

AOSBOXImage