オンサイト・出張データ復旧サービス

AOSリーガルテックのデータ復旧ラボに機器を持ち込めない場合には、、弊社の専門エンジニアがご指定の場所まで伺い、最先端のデータ復旧ラボで使用している専用機器と技術を使って、機密性の高い重要なデータをその場で復旧いたします。

AOSリーガルテックは、警察機関などの機密性の高いデータを日々、取り扱っており、厳格なセキュリティポリシーに従って、お客様のデータを復旧するオンサイト・出張データ復旧サービスを提供しております。経験豊富な弊社のデータ復旧エキスパートが現地にて作業を行いますので、確実かつ安全にデータを取り戻すことができます。

オンサイト・出張データ復旧サービスの利用ケース

  • 社内のセキュリティ規定でハードディスクやメディアの持ち出しができない場合
  • システムを長時間止めることができない場合
  • 機器を発送したり、分解するのが困難な場合

オンサイト・出張データ復旧サービスの対象

対象機器 : 各種サーバ、RAID、NAS、パソコン、ハードディスク、USBメモリ、SDカードなど
対象となるお客様 : 官公庁、法人、教育機関、医療機関など
対象となるエリア : 日本全国

※オンサイト・出張データ復旧サービスは、緊急対応が必要な場合や、どうしてもデータの持ち出しができない場合にご利用いただくサービスです。サーバ本体やパソコン、ハードディスクなどが郵送可能な場合は、弊社がコンピュータ機器をお預かりする専用業者を手配いたしますので、通常のデータ復旧サービスをご利用ください。

オンサイト・出張データ復旧サービスの流れ

1. お問い合わせ

官公庁向けデータ復旧サービスをご希望されるお客様は、お電話または、ウェブからお問い合わせください。
復旧を希望される作業の場所、日時、障害の状況などをお聞かせください。
相談は、無料でお受けいたします。


2. 概算見積もり

障害状況や復旧の作業内容などのヒアリングが終わりましたら、弊社より、初期診断概算見積もりをお送りいたします。

※提出する概算見積もりは、出張費用と初期診断のための作業費用となります。実際の復旧費用は、現地での初期診断作業の後に再度、お見積もりさせていただきます。

3. 現地訪問

現地にて、専門のエンジニアが初期診断調査を行います。作業の時間的な見通しとお見積りをお伝えしますので、作業を継続するか否かをご判断ください。

※初期診断で重度の物理障害の判定が出た場合は、現地での復旧作業が困難な場合があります。その場合は、作業継続の可否をご判断いただき、媒体の持ち出し許可を頂き、専用の復旧サービスセンターで作業継続となる場合もあります。

4. 復旧作業

初期診断の結果に基づき、復旧作業を行います。

※障害の状況によっては、作業に数日を要する場合もあります。

5. 作業完了報告

復旧作業の結果を作業完了報告書にてご報告し、復旧したデータを納品します。

官公庁向けデータ復旧サービス費用

官公庁向けデータ復旧サービスの費用は、現地での初期診断費用と復旧作業費となります。初期診断費用は現地までの交通費と専門スタッフの出張費用の実費となります。復旧作業費は、実際にかかった作業時間と作業内容によって、変動する費用なりますので、現地での初期診断作業の後にお見積もりをいたします。詳しくは、お問い合わせください。