メール共有の代行手段

メールでのファイル共有の課題

セキュリティリスク

多くの企業において、いまだにメールでのファイル共有は行われていますが、非常に危険だと言わざるをえません。

有名な事件として、ある上場企業が個人情報を流出させた事件がありましたが、それもメールが原因だったといわれています。

誤送信のこともあれば、悪意のある社員の意図的な作業のこともあると思いますが、メールによるファイル共有に関してはリスクがあると判断せざるを得ないでしょう。

その対策として企業のIT部門としては、ファイル容量に制限をかけたり、サーバーでの一次チェックや、ファイルにパスワードをかけてシェアすることをルールやシステムで対応する企業も増えていますが、本当にその作業や投資が必要なのかというと疑問が残ります。

ビジネスマナーの問題

最近になって、特に大容量のファイルについてメールでの共有を嫌がる取引先やユーザーも増えてきました。

一つの理由はモバイルユーザーが増えたこと。大容量のファイルを受信するだけで通信回線を占有してしまうため、近年はビジネスマナーとしても注目されています。

またウィルスに感染したファイルを送信してしまった場合に、だれが責任を持てばよいのかといった問題も顕在化してきました。

その問題を回避すべくメールサーバーでのチェックを行うこともできますが、それには投資が必要であり、そもそもビジネスチャットのような新しいコミュニケーション手段が出てきている現代において、メールにそこまでの費用をかけることは正しい判断なのか疑問が出てきています。

ファイルが見つからない問題

「あのファイルはどこにいったのだろうか?」
そのようにメールを探したことがある人はとても多いと思います。

結局、ファイルが見つからなかった場合、本当に正しくファイル共有できたといってよいのか、やはり疑問が残ります。


ファイル共有専門の「AOSデータルーム」を使うという選択

AOSデータルームは、上記のような問題をすべてクリアし、かつ安価ですぐにファイル共有サービスを開始できるまったく新しいファイル共有プロダクトです。

ひとたびAOSデータルームを導入すれば、どのコミュニケーション手段を使ったとしても、社内外のユーザーにシェアされるのはファイルの場所を指し示すだけのURLですので通信容量はとても小さくてすみます。

どのユーザーもブラウザさえあれば、いつでもURLより必要なファイルに素早くアクセスできます。また強力なファイル検索機能により、ユーザーはほしいファイルをいつでもすぐに見つけることができます。

もちろんユーザー権限の管理は徹底しており、権限のないユーザーがシェアされたファイル以外を読み込めることはできません。

気軽にサービスを開始できる一方で、AOSグループが警察との仕事で培った経済産業省受賞の技術力により、高度なセキュリティを保ち、かつ全ユーザーの操作ログを証拠として保存するため、絶対に情報漏洩を許しません。

その他、中小企業からエンタープライズレベルの使用を想定したファイル共有に関する多数の機能が、ユーザーのITリテラシーに左右されることなく、極めて高度なセキュリティと気軽さ、効率性を両立した全く新しいファイル共有体験をご提供します。

AOSデータルームは、メールに代わって、即時に多くの企業のIT部門のセキュリティを強化し、投資コストを下げ、管理負荷を劇的に下げることをお約束します。

AOSデータルームを試してみたいとお考えの方へ