PharmTech 製薬業界の法務、知財共有管理システム
AOS VDR ファームテック

「AOS VDR ファームテック」とは

機密情報共有クラウドサービス「AOS VDR」をカスタマイズした、PharmTech 製薬業界の法務、知財共有管理システムです。

製薬会社の法務は、知的財産権や技術、権利が侵害されないように常に、監視や防衛措置を取る必要があります。医薬品は、誤って使用すると訴訟に発展するケースもあるため、医薬品の適正使用を促す注意書きの内容と法的規制の整合性を確認するのも法務部門の重要な仕事となります。「AOS VDR ファームテック」を活用すれば、機密情報をクラウド上で安全に共有管理することができるようになり、ファームテック企業への投資を支援し、知的財産の共有管理プラットフォームを構築することができます。

aos_vdr_farmtech.png

ファームテック企業の法務、知財業務について

製薬会社は、他の製造業に比べて、新製品の開発にコストと時間がかかるため、投資した資金を回収するまでに、非常に長い時間がかかります。そのため、開発資金を銀行からの借り入れなどで賄う必要もあります。国が推進する医療費削減策によって、薬価の上昇にも歯止めがかかっており、外資系の製薬会社の国内シェアも高まっているなど、製薬業界を取り巻く環境が厳しくなっている中で、経費の削減と効率化を推進するためのPharmTechが求められるようになりました。医薬品は、商品の価値を守るための特許の価値が極めて高く、取得した知財が経営上で最大の効果を発揮できるように、特許の出願、管理、維持、活用を戦略的に進める必要があります。製薬業界では、後発品の参入をめぐる特許侵害訴訟を起こされることも多く、それに対抗するために特許の無効審判請求を出したり、その結果によって、多額の賠償金を請求されたり、知財の攻防が経営戦略と直結しています。今後は、アマゾンやアップルなどがヘルスケア業界に参入し、ヘルステック業界と製薬業界との融合も進むことが予想されています。

PharmTech 投資関連法務、知財共有管理システムについて

医薬品を開発するプロセスで取得する特許は、物質特許、医療特許、製法特許などがあります。また、容器や包装に実用新案が取得されることもあり、デザインなどの意匠権、商品やブランド名には、商標権が与えられ、これらの権利の譲渡や貸与、別の技術との交換といった多様な契約書もあり、法務、知財業務の効率化を支援するPharmTechが注目されています。AOS VDRファームテックは、製薬会社の投資を支援し、知財のデューデリ、M&Aを効率よく遂行できる法務、知財共有管理システムです。AOS VDRを導入すれば、機密性の高い情報を専門家と安全に共有できるようになります。セキュリティ環境の整備されたVDRを利用すれば、権限設定機能により、閲覧のみのユーザー、PDF形式でのみダウンロードできるユーザー、原本をダウンロードできるユーザーなどに制限して、知財を守ることができます。

「AOS VDR ファームテック」6つの特長

Safe_deposit_box
folder_w284-3.png
key_w284-1.png
ocr_w284_2.png
Multilingual_w284-1.png
browsing-history_w284-2.png
PharmTech_Features1_w420_2.png

①オンライン貸金庫で安全な保管

製薬会社におけるオンライン貸金庫の重要性

「AOS VDR ファームテック 」は、機密情報をクラウド上に預かる「オンライン貸金庫」です。機密情報共有を簡単にし、情報の機密性を確保しながら、ユーザーIDと保護されたパスワードにより強固に守られた環境でハイテク企業の知的財産の共有管理を効率的に進めることができます。

PharmTech_Features2_w420.png

②階層的なデータを効率良く共有

フォルダ構成を維持したまま、ファイルを共有

AOS VDRは、フォルダ構成を維持したまま外部とファイル共有ができ、ファイル更新時には、バージョン管理機能により、最新のファイルがどれかを確認しながら、共有開発を続けることができます。

PharmTech_Features3_w420.png

③ユーザー権限管理

ドキュメント、フォルダ単位で権限管理

AOS VDRは、ドキュメント、フォルダ単位でアクセス権限を設定できます。例えば、閲覧はできるが、ダウンロードはできない、ダウンロードする際には、元のOffice文書ではなくて、PDFでしかダウンロードできなくして、編集されないようにしたり、電子透かしを設定することもできます。

PharmTech_Features4_w420.png

④ OCRによるペーパーレスを実現

専門的で膨大な文書共有の効率化

AOS VDRは、スキャンした紙のデータをOCRにかけて、自動的にテキストに変換し検索可能にし、ペーパーレスを実現。大量のドキュメントがアップロードされた場合は、オートスケーリング機能により、OCR機能が自動的に強化され、迅速にファイルのテキスト変換を処理することで、長時間、待たされることなく共有作業を継続することができます。

Multilingual-support_6-lang_w420.png

⑤多言語対応

ユーザー単位の言語設定で海外とのやり取りにも最適

AOS VDRでは海外など、言語の異なる相手とのデータのやり取りに、ユーザー毎に日本語、英語、中国語、フランス語、韓国語、ドイツ語などを選択でき、海外との情報共有に最適です。

PharmTech_Features6_w420.png

⑥アクセス履歴を記録

監査情報を管理

AOS VDRは、誰が何のファイルをいつ見ているかの記録を残しており、M&Aに活用すれば、買い手がどのファイルを見ているかを確認でき、事業の売却交渉を有利にすすめることができます。

「AOS VDR ファームテック」の画面

PharmTechScreen_w960.png

ページの先頭へ