AOSBOX Business

AOSBOX Backup

マイナンバーの保管

マイナンバーの情報流出を防ぐためには、どのようにすればいいでしょうか?
マイナンバーを企業が収集したら、マイナンバーをセキュリティが万全なところに保管して、不要なファイルは消去するという対策が必要となります。
企業側で収集したマイナンバーは、厳格な管理が必要です。万が一、マイナンバーが漏洩した場合には、4年以下の懲役、200万円以下の罰金刑が科せられる場合があり、注意が必要です。

AOSBOX Businessによるマイナンバーの保管

マイナンバーの保管

マイナンバーデータの保管は暗号化が必須です

マイナンバーをローカルストレージに保管する場合は、暗号化が必須です。
マイナンバーをセキュアなクラウドストレージに保管しておけばより安全です。
AOSBOX Businessは、軍事レベルの暗号化技術でPC内、データ転送時、サーバー上の3段階 で暗号化を行いマイナンバーを保護します。

軍事レベルの暗号化でマイナンバーデータを保管

AOSBOX

AOSBOX Businessは、クラウドサーバーと、社内ストレージの両方に同時にバックアップするハイブリッドバックアップ機能をで、クラウドはもちろん、ローカルサーバーの中のマイナンバーデータも暗号化して保存します。
強固な暗号化技術で、AOSBOXを使わずにアクセスしても中のデータは見ることができません。

AOSBOX Business

1ヶ月試せる無料体験版のお申し込みはこちら

Detail


X