電子データシュレッダー

マイナンバー法の保管・廃棄義務に

マイナンバー法では退職など、マイナンバーを記載する書類の作成が必要なくなった社員の番号は、速やかに廃棄・削除が義務づけられています。一定期間の保管が過ぎたマイナンバーを記載した書類も同様に廃棄が必須です。パソコンや、サーバーに保管されている個人情報は、電子データシュレッダーを使って、特殊なツールでも復元できない状態に完全に廃棄・削除することをお勧めします。

フォーマットやゴミ箱削除だけではデータは消えません

ファイル削除やフォーマットをするとディスク上の管理領域が削除されますが、データ本体の領域は、データが残っています。データ復元ツールなどを使うと消した筈のマイナンバーファイルが復元されてしまいます。そこで、電子データシュレッダーは、このデータ領域を直接上書きして、データを消去します。

電子データシュレッダー ファイル消去の仕組み

電子データシュレッダー

USBメモリを差して、マイナンバーデータを完全に消去

付属のUSBメモリをパソコンに差して、電子データシュレッダーを起動して、完全に消去したいマイナンバーの入ったファイルを選んで、ファイルの抹消を選択すると、復元できないレベルでファイルを消去することができます。また、メール抹消機能を使えば、マイナンバーが記載された電子メールを消去することができます。

USBメモリを差して完全消去
電子データシュレッダー
電子データシュレッダー