マイナンバーの廃棄

aosmynumbertop

マイナンバーは復元できないように廃棄・消去

法令で定められた保存期間を経過したマイナンバーは、速やかに廃棄・削除が義務付けられています。ファイリングされた書類であれば、シュレッダーなどで、復元できないように廃棄、データであれば、電子データシュレッダーで復元不可能なレベルでデータ消去など、漏えい対策に備えたマイナンバーの廃棄・消去の仕組みが必要です。

内閣府のマイナンバーガイドラインでは削除ソフトを使うように明記されています

  • 特定個人情報等が記載された書類等を廃棄する場合、焼却又は溶解等の復元不可能な手段を採用する。
  • 特定個人情報等が記録された機器及び電子媒体等を廃棄する場合、専用のデータ削除ソフトウェアの利用又は物理的な破壊等により、復元不可能な手段を採用する。
  • 特定個人情報ファイル中の個人番号又は一部の特定個人情報等を削除する場合、容易に復元できない手段を採用する。
  • 特定個人情報等を取り扱う情報システムにおいては、保存期間経過後における個人番号の削除を前提とした情報システムを構築する。
  • 個人番号が記載された書類等については、保存期間経過後における廃棄を前提とした保管手段を定める

電子データシュレッダーなら、復元不可能なレベルで消去

電子データシュレッダーなら、マイナンバーデータを削除したことをレポートで提出が可能です。抹消ボタンをクリックして、”抹消済ファイルをレポートに含める”にチェックを入れるだけで、消去の結果をレポートとして提出することができます。マイナンバー法に準拠して、厳格に管理している証明ができます。

マイナンバー収集後のメールやUSBメモリも消去

マイナンバーの漏洩を防ぐためには、従業員から、マイナンバー情報を収集した後。個人情報カードのコピーは、マイナンバーを従業員名簿等に記載したら、必ずシュレッダーにかけましょう。同じようにマイナンバーの入ったメール、または、USBメモリは、電子データシュレッダーで必ず、消去しましょう。個人情報カードの写真データも同様に、電子データシュレッダーで消去する必要があります。

マイナンバー収集後のデータも電子データシュレッダーで消去

も電子データシュレッダーで消去

電子データシュレッダーterminator-roueitaisaku03


X