マイナンバーの委託

マイナンバー保管共有

マイナンバーの保管 アウトソーシング

外部委託業者にマイナンバーを渡す場合にも情報漏えいに注意を払う必要があります。
会社で収集したマイナンバーを入力し、クラウドバックアップのAOSBOXにマイナンバーをバックアップします。そして、外部委託業者にIDとパスワードを連絡して、クラウド上からマイナンバーをダウンロードして、法定調書の作成を依頼します。

マイナンバーの共有

漏えい対策にはクライアントパソコンにマイナンバーを残さない

マイナンバーを記載した法定調書を税務署に提出したら、クラウド上にマイナンバーの記載された法定証書を保存し、クライアントパソコン上の法定調書やマイナンバーファイルは、電子データシュレッダーで消去しましょう。このやり方が、情報漏洩を防ぐための有効な対策となります。

保存と消去

マイナンバーの情報流出を防ぐためには、マイナンバーをセキュリティが万全なところに保管して、不要なファイルは消去するという対策が必要となります。
AOSBOXと電子データシュッダーを使うことでマイナンバーを安全に保管廃棄することができます。

AOSBOX Business

1ヶ月試せる無料体験版のお申し込みはこちら

Detail


X